屋内から一歩出るとそこは全てが「フィールド」であり、そこで活動する為のスタイルを作っています。動きやすく、破れない、かつシルエットが良くストレス無く着用出来るような服を目指しています。

暑いんだか寒いんだか…

秋がやってきたと思ったら、北海道では雪が降ったりいきなり冬の訪れを感じさせる今日この頃。
昨日は汗ばむくらい暑かったのに…
とにかく脱ぎ着出来るような重ね着を念頭に選んでるんですけどね…
今年は去年同様暖冬と言われつつも積雪量はすごいとか。
それって寒いんじゃね!?と思いつつ、アウター着まくりたいので寒くなって欲しいと願掛け(笑)
2016.10.21-1
店頭でも徐々に秋冬ものが入荷していると思います。そしてデナリでも。
楽しみにしていたあ・い・つが入荷しました♪
(※各ショップ様本日発送致しま~す)
2016.10.21-2
元々は防寒性、機能性を備え過酷な環境でも耐えられるように、と働く人たちに向けて使われていた生地(写真左)。
当時はまだまだ化繊を使うこと自体が少なかったため、天然素材でいかに暖かいモノを作るかを考えていたそうで。
アウトドア業界でも人気があったそうですよ(・ε・)
おそらく60/40クロスが開発される以前のお話。

そんな深~い歴史に敬意を払いつつ、マウンテンパーカー作っちゃいました(・v・)
コットン×ウールを使っているのでどちらかというと重量感あり。
生地にハリがある分マウンパだけど、ジャケットのような感覚。
でも触った時の手に馴染みやすい感じというかゴワついていない感じ。
そして、工場泣かせのデナリ…
ポケットや肌に当たる部分にはソフトなウール素材を。
考えられた生地にはふさわしい(…と思われる笑)パイピング始末(デナリカラーだぜ!)。
もちろん暗い夜道でも安全なように例のアレも入れてます(笑)
で、やっぱり「これ」で全体が引きしまった。
オリジナルのボタン。
クゥ~ッッッ!しびれるッッッ!!

コートを着るにはまだ早い… かといって薄手のジャケットを羽織るのも…
と考えてるのであれば、これ、アリじゃないでしょうか。
何なら私、寒くなってきたらこのジャケットの上からベストを羽織るという新手の技にチャレンジしようかと思っている次第。

あんまり見たことないでしょ?
ジャケットの上からベスト(笑)
かな~りそれぞれのアイテムのバランスが重視されそうですが、何事も挑戦。

あと触れていませんでしたが…ブラック(写真右)タイプもございますのよ。
こちらはウールメインのメルトン地。
スタジャンとかCPOジャケットに使われるような。
た・だ・し、ちゃ~んとデナリ考えました。
メルトンと言えども、そんなゴワゴワ&重いんじゃ~ダメだと。着にくいじゃないかと。
肉厚はブラウン(写真左)のと同じくらい。
素材の柔らかさも同じか少し柔らかいくらい。

どちらもちょっと大人なマウンテンパーカー。
もう少しカジュアルに着くずしたいならコチラがおススメ→「コードクロスマウンテンパーカー」
こっちは、ガンガン洗ってGジャンやカバーオールみたいに着ていくのが良し。
ハードにワイルドに着て、擦れたり色落ちさせたりさせるとカッコイイですよ。

早くWEBにUPしま~す(汗)
PS.久々に長文失礼いたしました…

おわり(・ε・)