屋内から一歩出るとそこは全てが「フィールド」であり、そこで活動する為のスタイルを作っています。動きやすく、破れない、かつシルエットが良くストレス無く着用出来るような服を目指しています。

ドイツ。

2016.4.15ブログしばしブログUPが途絶えていましたが、ちゃんと活動しています(汗)
そのチョコチョコ活動している時にすごいモノ作ってもらいました。

きっかけは、別件のボタンの打ち合わせ。
工場さんにお邪魔させてもらい、いろんなサンプルを物色(笑)させてもらいました。
ボタンって、手芸屋さんにあるものかボタン屋の見本帳しか見たことがなかったのでいろんなものがあり過ぎて興奮!!

そこで出会ったのがドイツ製のガラスボタン。デッドストック。
しかもベルリンの壁崩壊前の西ドイツで作られたもの。1950〜1970年代くらいかと。
油紙に包まれたガラスボタンが入っている箱には「Western Germany」とちゃんと書いてありました。

「自分たちの好きなデザイン入れられるよ^^」と工場さんから思わぬ提案が!
表面のガラスの部分にデザインを彫れるということでもちろんお願いしました^^
ヨーロッパラインとして作ったエンブレムのデザイン。
刺繍にも使っているデナリロゴの足跡。

このガラスボタンを使ったチェンジボタンとピンを作成^^
それがHP上にUPした「Dead Stock Glass Button」と「Dead Stock Glass Pins」

工場さんにお邪魔して、素敵な出会いがありました^^
なかなかお目にかかれない50’s~70’sのデッドストックもの。
それをデナリ風味に加工も出来るなんて…

私はジャケットにピンを。ネコ上氏はカバーオールにチェンジボタンを付けて肩で風を切って歩いてます(笑)
次はどんなものを作ろうか…とそれはそれで考案中。

気になったら是非覗いてみて下さい^^

ガラスボタン/デナリロゴ
ガラスボタン/エンブレム
ガラスピン/デナリロゴ
ガラスピン/エンブレム
※商品名クリックすると商品のページに移動します。

おわり(・ε・)