DE-NA-LI official WEB Page

股マチとの出会い。

2015.1.27ブログ冒頭から書き方がちょっとアレですが…
正直、私にとって股マチの印象っってあまりいいイメージが無かったんです。
股マチついてると、股の下がもたつく(これ標準語?!)、パンツのシルエットがルーズになってしまう… など、ファッションとしては結構偏りのある合わせ方しか出来ないなぁ… と思っていたんです。

デナリを立ち上げてどんな商品を作るか話していたところ、根っからのキャンプ好きアウトドア好きのネコ上氏が「商品の中に股マチを付けよう!」と。
固定観念が強い私。それって大丈夫なのか(・□・;)!? な~んて思いました。
なんせ元々持っていた股マチの印象は変わっていないのですから…

で、商品完成。着用。
(・ε・;)普通…?!
シルエットがルーズなわけでもなく、股の部分のダボつきがない。
この時点で股マチがつくとルーズなシルエットになるっていう印象は無くなりました。

で、ある日別のパンツを着用。

!!!★☆★(・□・;)★☆★!!!
!!!劇的な出会い!!!

他のパンツを穿いた時の動きにやたらと制限がかかって動きづらい…
股部分を見ると「パァ~~~ン!」っと縫い目がはちきれんばかりに引っ張られているではないですか(・□・;)!!
思い直しましたよ… 私が肥えたんじゃないかと…
体重計にも恐る恐る乗ってみると… 大丈夫でした。変動なし(笑)

この時に初めて股マチの偉大さに気付いたんです。
動きやすさの衝撃。で、パンツのシルエットも自分たちが目指している通り。
元々持っていた股マチのパンツのイメージが払しょくされました。

改めて思ったのは、履いてみないと分からないもんだし想定してたシルエットも出るんだって事でしょうか。
デナリを含めて市販されているパンツの股マチの形って結構種類があって各ブランドによって様々。
デナリでも、股マチをつけるのにあたっていろいろ考えてますよ(もったいぶって企業秘密(笑))

気がつけば帰ってもそのままマチ付きパンツを穿いたままでいることも多くなりました。
いや~ 何でもそうだと思うんですけど本当、穿いてみて着てみて気付くことや感動することって多いのでたくさん試してみないといけないですね^^;

そういや… 家にあるパンツを見て「股マチ」との出会いは学生時代ということを知りました。
スウェットだったので、きっと気付かなかったのでしょう…
スウェット+太いシルエット… この印象が強すぎてずっとそういう風に思っていたのかもしれません(汗)

デナリのパンツはファッション性+過ごしやすさをモットーにこれからも変だけど愛着の湧く商品を作っていこうと思います^^

おわり(・ε・)