屋内から一歩出るとそこは全てが「フィールド」であり、そこで活動する為のスタイルを作っています。動きやすく、破れない、かつシルエットが良くストレス無く着用出来るような服を目指しています。

商品を考える前にすること。

2014.2.25商品を考える前に必ずすることがあります。
今回はどのくらいのアイテム数でいくのか?パンツ、シャツ…それぞれ何点くらい作るか?など考えます。
その時に必ず作るのが 「アイテム一覧表」 。
これがないと、全体の商品ボリュームが分からなくなったり、どこまで進めているのか分からなくなったり…。
最初は手書きで、ズラーっと書きとめることを書き留めておおよそ決まったらちゃんとした絵型を入れて細かく書き込んで [表」 を作成。

説明ベタの私にとっては、この表を渡すことで会社内でも工場さんにも伝えやすく個人的には助かっています^^;
商品構成~製品が上がるまで。はもちろん、後々前回の展示会の時はどうだったか??とかどの型紙を持っているのか??とか把握しやすいので
無くてはならない存在(笑)
ここに必要な事を書き足していったり、細かいディテール(商品の細部)を描いてみたり結構デナリの要になる内容を盛り込んでいます^^

今日もこの一覧を見ながら、どこまで進めているのか?追加するものはあるのか?などと確認しながら前に進んでいます。
多分、会社によっていろんな方法があって、見せ方も全然違うんだと思います^^

始めは、気になるスクラップと生地を持ち歩いて話をしてたのですが持ち運びは大変だし、落としてしまおうもんならどのアイテムにどの生地を当てるか訳分からなくなるし… しまいには想像するのがそれぞれの解釈で全然違うから、後になって 「えっっっ?!こんなの作るの?!」 なんてこともあって今に至る次第です(・ε・;)

今ではなくてはならないひとつになって、お蔭で解釈の行き違いも減って商品作ってな~い><; なんてことも無くなりました^^;
大勢で同じものを解釈するってのは本当に難しい…。
想像出来るように説明出来ない私にも問題はあるのですが…(~ε~;)

おわり(・ε・)