屋内から一歩出るとそこは全てが「フィールド」であり、そこで活動する為のスタイルを作っています。動きやすく、破れない、かつシルエットが良くストレス無く着用出来るような服を目指しています。

33.OLDマッキーノでほっこり焚火スタイル

デナリスタイル33ここ2日ほど、淡白なブログになってしまい… 失礼いたしました…。
デナリの雰囲気をもっと伝えられないか… と、イメージ写真の構想+撮影でバタバタブログになってしまいました…

本日はデナリスタイル^^
大切に保管していた、マッキーノを着ての登場!
デニムは色落ち継続中(笑)
お蔭様で、デニムも好評価を頂き少しずつ浸透していっております^^

焚火をすると必ず起こりうるのが 「火の粉が飛んで」 くること。
ダウンや中綿入りのジャケットは化学繊維の表面になっているモノがほとんどなので着ていると必ずといっていいほど縮んだり、生地が溶けて穴が開いてしまう…

お気に入りのジャケットも穴が開いてしまうと、テンションガタ落ち… しかも気に入っていた分執着心離れがひどい…(私の場合ですが…)

そんな悲しい気持ちを解消するには、バージンウール100%のジャケットとデニム♪
ジャケットが暖かいのはもちろんですが、このデナリのデニム、生地が分厚い訳じゃないのに
なぜか保温性が高い!!
(かといって夏場は暑いわけじゃないし、ホントにいい生地です^^)

火の粉を気にせず焚火の調整できるし、寒くて近寄っていっても暖かさを十分満喫できる。
もちろん足元もブーツを履いて、炭を割ることもできちゃう(笑)

ブランケットに身を包みながら焚火もいいけど、好きな洋服着て 「ど~ん」 と構えてリラックスするのもこんなスタイルならありじゃないでしょうか^^

モヒ上氏は、 「古くてかっこいいものも、実際に山で過ごしてみないと本当の良さは分からない」 と。
デナリの商品も作って、試して、直して、そしてまた作って。の繰り返し。
実際に使ってみて、動きやすさや足りないところを研究するのも楽しい。

いつかデナリ着用した人たちがキャンプ場にあふれてると幸せだなぁ~… と妄想に耽っている本日(笑)

写真撮ったり企画したりHP修正したりとやりたい事とやらなきゃいけない事がありすぎてどれから手をつけたらいいのかあたふたしてます(笑)

PANTS:>DE-NA-LI(13A-140/32インチ)
TOPS(SWEAT):DE-NA-LI(12A-206(RED)/Lサイズ)
TOPS(JACKET):FILSON(OLD)
SHOES:DANNER
ACCESSORY:私物

おわり(・ε・)