屋内から一歩出るとそこは全てが「フィールド」であり、そこで活動する為のスタイルを作っています。動きやすく、破れない、かつシルエットが良くストレス無く着用出来るような服を目指しています。

縫いについて^^

縫い仕様本日は縫製についてご紹介^^
デナリのジーンズやシャツなどの商品は、 「巻き縫い」 と呼ばれる方法と 「インターロック縫い」 と呼ばれる方法を多用しています。
通常の縫い方より強度が強く、作業性に優れているのが最大の特徴でしょうか。

昨日入荷したシャツにももちろんその縫製方法を採用^^
商品をパッと見た感じだと、生地の上にきれいに平行線を描いたステッチ^^
ところが、ひっくり返すと裏側はそれぞれの特性に合った縫製仕様で縫われているんです^^

「巻き縫い」 と呼ばれる縫製方法は、生地の端っこを縫い込んでいるので見た目がキレイでほつれたりせず、強度UPになります。
なので、デナリでは負荷がかかる部分に採用しています。
ただ… 裏側は 「チェーン仕様(輪っかを引っ掛けながら縫う方法)」 なのでひとつ輪っかが外れるとそこから解けてしまうのです(・□・;)!!
強度の裏に弱点あり… と言ったところでしょうか…

かの昔… この業界に入ったころ、ジーンズの裾上げの指導を受けました…。
もちろん普通のミシンじゃなく、チェーンステッチと呼ばれる方法での縫い方…。
一生懸命何度も練習して、完成した!と思い 「出来ました!どうですか!?」 と見せたところ…
輪っかの外れた部分を見つけられ… いとも簡単にバラバラバラ~ と外されてしまい…
「輪っか外れてる部分があるとこうなるからね。はい。やり直し。」と…
数時間もかけて練習 + 縫った製品が数秒で元の切りっぱなし状態に…
結果、針孔でブツブツになったデニムは私のクローゼットで今でも安らかに眠っているのは言うまでもありません…

「インターロック縫い」 と呼ばれる方法は、いわゆる普通の縫製をしながら端にロックミシン (ほつれ防止) をかけてくれる画期的なミシン!
正直見た目は 「巻き縫い」 よりは劣りますが、あえて糸の色使いを換えて縫うとそれがポイントとなってカッコイイんですよね^^
袖の付け根なんかの極端なカーブもスイスイ縫えちゃうので、きれいなステッチの平行線が出来ます。

色んな特徴持ったミシンをそれぞれの特徴に合わせて使い分けているので、縫い方法ひとつ見ても結構奥深いんですよね~^^
自分で持っているミシンはすべて独立したもの(まっすぐ縫うだけのミシン。ロックを掛けるミシンとか…)なので、たまにこういうミシン欲しくなっちゃったりするんです(笑)
今度、工場さんにお邪魔させてもらった時にミシンの写真を撮らせてもらおうと思いますので、その時にUPしますね^^♪

商品を1つ掘り下げると、当たり前に思えてたことが意外に新鮮な発見になります(笑)
実は、縫製のことも、モヒ上氏から提案をもらいました(・ε・;)
自分では当たり前だと思っている事も、実際世の中の人たちからすると新鮮なんじゃないの?って。

いや~… 年齢を重ねると足腰だけ重たくなるだけじゃなくて、知らないうちに頭の考え方もカチコチになっちゃってるもんですね~…
柔軟な考え + ハングリー精神 … 常に思っておかないとなかなか行動できない身体になってきたことを反省…(・ε・;)
まだまだ、脳みそのシワ増やさないと…(・ε・;)

おわり(・ε・)